なんでもないようでなんでもある日

20歳。好きなものはマンガと映画とアニメ。こんなことを考えて今日も眠れなくなっている!

20歳を迎え、なんか自分めっちゃ幸せじゃね?

先月25日で20歳を迎えた。

 

Googleフォトが1年前から数年前までの誕生日の写真を振り返らせてくれた。

私は幸せだと思った。

 

私が5時半起床だと、母も一緒に起きてくれて「いってらっしゃい」とお見送りをしてくれる。

 

0時台からLINEやインスタ、Twitterにおめでとうメッセージを送ってくれた人が何人もいる。

 

友だち3人が集合場所で待ち構えていて、手作りの「おめでとう」うちわを振るというサプライズをしてくれる。

 

過去の誕生日も毎年たのしかった。

いろいろなプレゼントをもらった。手紙をもらった。

 

私はもう十分しあわせに生きたんじゃないか?

 

残りの80年間ぐらいは、自分以外の人のために使っていいとはじめて思った。

 

誕生日当日、友だちと遊んだ帰りに花屋に寄って花束を買った。

母の目は見れなかったが「20年間育ててくれてありがとうってことで」

受け取った母はすぐに花びんに挿してくれた。