なんでもないようでなんでもある日

20歳。好きなものはマンガと映画とアニメ。こんなことを考えて今日も眠れなくなっている!

留学準備、これっぽっちも楽しくなくて草。

留学の準備をしてる。

出国予定は9月9日。

もう来月。

 

大学が許可を出してくれない。

こっちは必死で準備を進めてるし、じぶんのお金も時間もたくさん費やしてる。

留学の許可を出してもらう手続きのはずなのに、まるで「行くな」って言われてるみたい。

 

何回、書類を出せばいい?

あと何を証明すればいい?

わたしに直接理由のひとことの説明もなく「ベナンには行けない」って担当教員を介して伝えてくるのなに?

わたしに説明しろよ。

わたしに説明させろよ。

いかにこの留学にわたしが懸けているのか、副学長の前でプレゼンさせろよ。

ただただ事務的に「行けません」って伝えてくるのほんと腹立つ。

その一言が、

大学3年の、

20歳の、

わたしに、

どれだけ重く圧し掛かるかわかるか?

もう学生時代のことなんて忘れたか?

 

ぜんぜん楽しくない。

留学の準備をしているはずなのに、心がちっともワクワクしない。

 

昨日の、奨学財団の留学事前研修は楽しかったよ。

留学予定の仲間とたくさん話して、悩みを共有して、

「やっぱり私は海外留学に行けるんだ」ってワクワクした。

たくさんの大人が登壇してわたしたちの背中を押してくれた。

「ぜひ行ってきてください」

 

行けねえじゃん。

 

「大人の言うことは信じるな」って言ってたけどさ、

結局この世の中を動かしてるのは大人なんだよ。

あんたらの言うとおりにやらないと、私には何もやらせてくれないんだよ。

 

悲しい。悲しい。

泣きながらキーボードを叩いてる。

泣く暇もなく、目の前の手続きを進めないと間に合わない。

でも、行けるかわかんない。

最後の最後に、大学が、

直接の謝罪の言葉もなく、

「大変心苦しいですが、許可は下りない方向となりました」

でおしまいにするんだろ、あんたらは。

 

ほんとうに嫌い。

 

こんな楽しくない気持ちで、せっかくの留学準備を進めなきゃいけないなんて、

ほんとうに嫌い。

 

6月末時点で大学が「留学に行かせられません」って言い切ったから、

私はビザも、ワクチンも、すべての準備をストップしたんだよ。

その2週間後に「特例措置を出せるかもしれません。まだわかりませんけど。」

その1週間後に「手続きの方法が決まりました。」

「今週末に許可を出せると思います」

「やっぱり出せません。もう少し待ってください」

「もう一度やり直しになるかもしれません」

 

友だちとゆっくり最後のご飯も食べる暇もないんだよ。

1年間会えなくなるかもしれない友だちとの時間を犠牲にして、あんたらが急がせる手続きの準備をしている。

じゃあ、出せよ。

ここまで犠牲にしてるんだよ。

もう嫌だよ。

さっさと楽にしてくれ。

涙しか出てこない。

楽しくない。

ほんとに楽しくない。