なんでもないようでなんでもある日

20歳。好きなものはマンガと映画とアニメ。こんなことを考えて今日も眠れなくなっている!

日本人はどうして木造建築を捨ててしまおうとするんだろう「日本木造遺産」を読んで

「日本木造遺産 千年の建築を旅する」著:藤森照信、藤塚光政


私は日本の木造建築が好きだ、ものすごく。


こんなに複雑な構造をしつつ、豊かな表情をみせる建物を、木材だけで人が造ったのかと感動する。


とくに組物がすきだ。


構造を勉強する前は、ただ美しい飾りだなと思って見ていた。

しかし、その複雑な構造の裏に、建物を支えるという明確な目的があり、お飾りではなくれっきとした“仕事”をしていたのだ。

それを知った後は、さらに組物が美しく見えるようになった。


しかし、その技術は、材となる木が育ち、造り手が育ち、需要があるからこそ継承されるのだ。

今の日本では、そのどれもが先細りだ。


まだこれっぽちの技術も身につけていない私がなんと言えることではないが、私は木造の寺社が創り出す空間の圧倒するような澄んだ空気がすきだ。

私は将来の仕事場を海外に求め、正直、日本文化よりも海外の暮らしにもつ興味の方が強い。

しかし、それでも

私が海外の地で恋しく思うのは、日本の寺社でしか感じられないあの空気だ。

あの空気が日本に存在している限り、私は日本人として日本に惹かれるのだろう。