なんでもないようでなんでもある日

20歳。好きなものはマンガと映画とアニメ。こんなことを考えて今日も眠れなくなっている!

本の記録

yoha「さよなら恋人、またきて友だち 宮内ユキについて 3」

どんな人生を経験したら、これほど生々しいキャラクターを描けるんだろう。 人間としてあまりにも生々しい。 残酷で 自分本位で 人にやさしくするのが下手で がんばり方の方向性がおかしくて 自分のことを認めるために必死で 他人に自分の価値を転嫁する 自…

日本人はどうして木造建築を捨ててしまおうとするんだろう「日本木造遺産」を読んで

「日本木造遺産 千年の建築を旅する」著:藤森照信、藤塚光政私は日本の木造建築が好きだ、ものすごく。こんなに複雑な構造をしつつ、豊かな表情をみせる建物を、木材だけで人が造ったのかと感動する。とくに組物がすきだ。構造を勉強する前は、ただ美しい飾…

「建築構法の変革」は構造知識ゼロの人間が読んでもおもしろかった

建築構造化・増田一眞さんによる「建築構法の変革」(1998年出版)を読んだら、PCもRCも検索しないとわからない人間でも、なんだかめちゃくちゃおもしろかった。 ものづくりを志す人間には全員響くんじゃないか。 いや、建築現場でもパソコン上でもとにかく…