なんでもないようでなんでもある日

20歳。好きなものはマンガと映画とアニメ。こんなことを考えて今日も眠れなくなっている!

パリの土地は、駐車場になんか分け与えてらんない

今日の発見

 

パリの町は、詰まっている。

ギュッと建物が建て詰まっている。

隣の建物との隙間はほぼない。

人と車が通れるストリート(Rue)が通るだけで、変に隙間は空いてない。

 

f:id:Nuru:20210916062726j:image

通りに路駐している自動車が多い。

というか、よく見ると、歩道側に凹の形をつくって車が止まるスペースが設けられている。

「あーもはや駐車専用スペースが道路につくらてているのか」

そして気づいた。

 

駐車場がない!

 

日本の都市の場合はどこもスカスカしてる。

東京でさえ、都市の縦軸の凹凸が激しい。

土地の高いはずの首都にも駐車場は設けられ、パーキング価格で地価が測れる。

 

パリの土地にそんな余裕はない。

築100年をゆうに超えるアパルトマンに、土地はほぼ持ってかれている。

 

車はそこに止めておけと言わんばかりに、縦長の窓が見下ろしている。