なんでもないようでなんでもある日

20歳。好きなものはマンガと映画とアニメ。こんなことを考えて今日も眠れなくなっている!

人生はずっと走り続けなきゃならないマラソンだ

「人生はずっと走り続けなきゃならないマラソンだ。

走り続けられないやつは、坂道からどんどん落ちていく。」

 

中1のときの担任が言っていた言葉だ。

当時はあまりピンときていなかったなりに、「中学生に言うにはなんて重い言葉だろう」と感じて、やけに記憶に刻み込まれた。

 

大学3年生になるまで成長して初めて、この言葉が自分のこととして実感される。

 

私は将来、アフリカのコンゴ民主でまちづくりの仕事をしたい。

そのために、南アフリカかどこか、アフリカ地域の大学院に進学したいと考えている。

同じく海外の大学院に進学しようと考えているらしい先輩に聞いてみた。

「どこの大学院に行きたいんですか?」

目を逸らしながら「んーとりあえずアメリカは嫌だから」

「開発系だとやっぱりイギリスかフランスが有名だから、そこかな」

「まだちゃんと決めてないけど」

「教授とコンタクト取れたら、そこかな」

「そのためにも、まずは卒業論文を良いもの書かないと笑」

あ、思いの外ちゃんと決めてないんだなと察した。

そんなものか、と。

 

でも私だってどうだ?

先輩よりよっぽど、プランも実力も、伴ってない。

 

私って、やる気だすの下手くそだな。

このままだとやりたくもないデスクワークを日本の労働環境に苦しみながらやることになる。

やっぱり、やりたい仕事をちゃんとやりたいな。

 

そのためにやらなきゃならない事なんて、もう何回も考えたから、わかりきってる。

英語とフランス語を身につけよう。

都市計画の勉強をしよう。

留学準備を進めよう。

アフリカ出身の人とたくさんコミュニケーションをとろう。

 

やらなきゃならない事は案外シンプルなんだ。

言語習得も、勉強も、地道な努力が必要なものだから、おっくうに感じてしまう。

 

でも、そろそろ、腰を上げないと、どこにも行けないぞ。