なんでもないようでなんでもある日

20歳。好きなものはマンガと映画とアニメ。こんなことを考えて今日も眠れなくなっている!

GPAは4超えるけど、実際自分にできることってなんだ?

奨学金に申し込むために、先生に推薦書を書いてもらう必要があった。

 

成績は問題ない。

成績評価基準のGPAは、4を超えて最高水準に近い。

飲み会で「GPA4以上のやつ!」とコールがかかるような感じのレベルだ(?)

 

じゃあ、成績と「今までの取り組み」を伝えれば、先生からもきっと「良い」推薦書をもらえるはずだ。

そう思った。

 

ここ1年の「取り組み」を書き出してみた。

f:id:Nuru:20210316224617j:plain

「今までの取り組み」と「これからの予定」

これしか書けない。

というか、これ、私じゃなくても誰でも同じことを書けるな?

地味につらい。

 

数字上の評価が良いだけに、自分の中身が伴っていないことが際立って、突きつけられてつらい。

 

まわりの友達や先輩や先生は、たくさん自分のことをほめてくれる。

「ここが良い」

「ここがすごい」

「こういうところを尊敬してる」

入学当初、私の話を聞きたいと言ってわざわざ来た友達は、トビタテ奨学生に決まり、留学の予定を控えている。

彼女はインターンも、研究も、ボランティアも、どん欲に頑張っている。

彼女にできることはこの2年で着実に増えているはずだ。

その一方で、私にできることは、なにか、増えたか?

 

周りがかけてくれる褒め言葉は、私の1番上っ面の表層ではねかえされている気がする。

私の中身には、すこしもタッチしていない。

私の、私だけが知っている薄い中身には、これっぽっちも触れていないから、そんなキラキラしたポジティブな「褒め」言葉ばかりかけてくれるんだ。

本当の私はなにもできないのに。

できないことばかりなのに。

できることを増やすための努力なんて、本当にできない人間なのに。

 

私は1年先のことを考えて、行動することなんて苦手だ。

1年先の自分が考えていることや、やりたいことなんて、わかるわけがない。

1年後の自分がやりたくないことを、わざわざ準備したくない。

自分が気分屋なことを知っている。

好きなことしかやりたくない自分を知っている。

苦手なことはトンとできない自分を知っている。

 

明日やらなきゃならないことと、やりたいことを考えるので、わりと精一杯なんだ。

そして、それが悪いとあまり思っていない。

 

自分は自分のことが大好きだ。

友だちや先輩たちも褒めてくれる。

好いてもらえているという自覚もある。

自分も、友達も、私のことを叱ってくれない。

「いいね」と言うばかりで、両親や高校の担任の先生のように、私のダメなところをちゃんと見通して、指摘してくれる人がいない。

 

参ったあ、ダメだあ

私これダメなやつだあ

 

夢が遠すぎる

遠すぎる夢に向けて、プランを立てることもできない私だ。