なんでもないようでなんでもある日

20歳。好きなものはマンガと映画とアニメ。こんなことを考えて今日も眠れなくなっている!

自分は自分か

オンラインで、大学の新入生に対してサークルの新歓活動を行った。

初対面の新入生とはなす。

なんとか盛り上げないと。

そういう気持ちがはたらいたのか、

今日は口がよくまわった。

口のすべりが良いとでもいうのだろうか。

油が回ったように、

水を得た魚のように。

関西出身でもないくせに関西弁がでてしまう悪い癖がある。

いいすぎてないだろうか

スピードを出し過ぎてカーブを曲がり切ってしまったときみたいな

ドキドキする気持ちで。

しゃべって、

笑って、

まとめて、

お疲れ様と言って。

 

画面が暗くなり

客観的に、数分前までの自分を思い出すと

私、こんな人間だったっけ?となる。

こんなによく喋る人間か。

自分という人間をつくっているのは、自分であるはずなのに

ほんとうに自分か?と

問い直したくなる。

まわりから見えている”自分”を形成しているのは、

まちがいなく私自身だが。

”まわりから見えている自分”と

”自分が知っている自分”とに

齟齬がある気がしてしかたがない。

 

”自分”は

他の人間とコミュニケーションをとっているときの、あの自分なのか、

それとも、

自分だけが知っている20年間の歴史をもつ、家の中にいるこの自分なのか、

 

どちらも人間のはずだが、

まったく違う生きもののような気がする。

なんでだろう。