なんでもないようでなんでもある日

20歳。好きなものはマンガと映画とアニメ。こんなことを考えて今日も眠れなくなっている!

インターンで、自分は今のままでは社会の役に立たない、と痛感して泣く

インターンの初日の挨拶にうかがった。

 

「とりあえず何ができるか、見せてくれる?」

 

何も。

 

自分が得意だと思っているコミュニケーション力や雑談力や、人とつながる力といったソフトな能力は、それだけでは仕事にならない。

文字にすると当たり前すぎて笑えてくるのに、現実で思い知った私は泣くしかなかった。

 

自分のこの手で”もの”を生み出せる、ハード的な能力が必要だ。

 

このままでは仕事なんてできない。

 

専門職ってすごい。

建築士も、

タクシー運転手も、

板前も、

アクセサリーデザイナーも、

 

「自分のこの手さえあればこれができます」って示せるものを、

私も身に付けよう。