なんでもないようでなんでもある日

20歳。好きなものはマンガと映画とアニメ。こんなことを考えて今日も眠れなくなっている!

好きなことを続けているとある日突然転機が舞い込んでくる

私はずっとアフリカ地域の文化が好きだ。

 

将来はアフリカで働きたいとずっと思っている。

 

高校生のころからずっと思い続けていた。

 

ただ、アフリカで「何をして」働くのかはずっと見えないままだった。

 

それが、最近立て続けにヒントが舞い込んでくる。

 

都市計画プランナーがいいんじゃないか?

今春、そんな台詞が脳天をカチ割ってきた。

 

そして、今日教授と話していたら、建築のケの字も知らないのに、建築事務所でのインターンを紹介された。

 

建築家の方がいいんじゃないの?

脳で反響する。

 

私はずっと真っ暗な闇の中で手探りをしていた。

「アフリカで働く」なんて、なかなか友だちと共有できない。

社会のレールを外れている。

 

しかし、

まだそう思うのは早いのかもしれないが、

この数カ月でだんだんと闇が晴れてきた気がする。

 

何か、糸口がありそうだ。

何か、掴まれるものがありそうだ。

何か、自分の不確定な将来の夢を実現に落としてくれそうなヒントが、うしろから追いついてきそうだ。

 

何か、その何かをしっかり逃さず捕まえたい。